昭和30年代のちょっと懐かしいシーン

ジオラマ(鉄道模型)動画集(2)

【完ペキに町を再現】


以上の動画は、鉄道レイアウトタイプのジオラマといえます。鉄道模型のジオラマファンは、車両が固定されているサイレント「ジオラマ派」と、車両を走行させるアクティブ「レイアウト派」に分けられます。ジオラマの場合製作して鑑賞することが目的なので、車両だけでなく、レール、駅、ビル、家屋など周囲のあらゆるものを縮小して忠実に再現しています。

鉄道模型のジオラマの製作を続けていくと、イメージがどんどんわいてきてその求めるものの質が高くなっていきますよね。現代の鉄道の風景はもちろん、昭和30年代のちょっと懐かしいシーン、逆に未来の架空の鉄道と言う風に、想像は膨らんでいきます。製作にこればこるほど費用もかさんでいきます。お財布との相談が必要ですね。

「昭和30年代のちょっと懐かしいシーン」
ジオラマ(鉄道模型)動画集(2)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。