昭和30年代のちょっと懐かしいシーン

ジオラマ(鉄道模型)動画集(2)

【完ペキに町を再現】


以上の動画は、鉄道レイアウトタイプのジオラマといえます。鉄道模型のジオラマファンは、車両が固定されているサイレント「ジオラマ派」と、車両を走行させるアクティブ「レイアウト派」に分けられます。ジオラマの場合製作して鑑賞することが目的なので、車両だけでなく、レール、駅、ビル、家屋など周囲のあらゆるものを縮小して忠実に再現しています。

鉄道模型のジオラマの製作を続けていくと、イメージがどんどんわいてきてその求めるものの質が高くなっていきますよね。現代の鉄道の風景はもちろん、昭和30年代のちょっと懐かしいシーン、逆に未来の架空の鉄道と言う風に、想像は膨らんでいきます。製作にこればこるほど費用もかさんでいきます。お財布との相談が必要ですね。

「昭和30年代のちょっと懐かしいシーン」
ジオラマ(鉄道模型)動画集(2)

お得に通販での購入

ジオラマ(鉄道模型)動画集(3)

【やっぱり貨物列車はいいね】


ジオラマ製作に挑戦するにあたっての心構え。鉄道模型を使ってジオラマを製作するとなると、どうしてもクオリティの高いものを追求してしまいます。しかし、それなりに高額の出費を覚悟しなければならない現実に直面します。鉄道模型の中でも、実物のような重量感と質感を持つ真鍮製の車両や金属性のレールなどは数十万円するものも珍しくありません。

通販サイトをネット検索すると、鉄道模型のジオラマ製作に必要なパーツを、定価よりもかなり安く扱っている店舗が多数紹介されています。ですから、お得に通販での購入もできますし、マニア同士サイトを通じて知り合った、同じ趣味の仲間と情報や部品を交換し合うのもいいですね。

「お得に通販での購入」
ジオラマ(鉄道模型)動画集(3)

Nゲージなどたくさんの種類があります

ジオラマ(鉄道模型)動画集(4)

【とにかく巨大な鉄道ジオラマ】


ジオラマ展示作品=鉄道模型のジオラマの場合、レイアウトと違って実際の車両走行はありません。しかし、車両を中心にした周囲の風景を細部にわたって忠実に再現しています。

もともと鉄道模型というジャンルは、ヨーロッパから伝わったものです。幕末に蒸気機関車の模型を贈られて、幕府側が大変驚いたというエピソードは有名です。

Nゲージなど鉄道模型にはたくさんの種類があります。ジオラマを追求していくと本当にきりがありません。「もうこれで完成です」というゴールラインが存在しないのです。ジオラママニアはもっと細かく、もっとリアルにとハイクオリティなものを求めていきます。ですから、製作にかかる費用もバカにはなりませんね。

「Nゲージなどたくさんの種類があります」
ジオラマ(鉄道模型)動画集(4)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。